清澄の里の取り組み

就学や進学、進級の節目には、子どもの成長を実感するとともに、新たな環境でやっていけるのだろうかという不安を感じます。

そこで幼児期からお子さまの関わる機関が一貫して支援していけるようにすこやかファイルの作成と活用を推奨しています。

すこやかファイルとは本人に関する様々な情報(得意・不得意、特徴、必要な支援、配慮すべきこと など)を集約するためのものです。

保護者が管理し、保護者を中心として共に作成、活用します。